ダイアリー

diary

嶋南の家 チューリップの記事

嶋南の家 チューリップ

チューリップ 2022年11月 Vol.1

update:2022/11/10

11月に入り新しいクラスとなりましたが、チューリップの児童は毎日元気よく登所しています(*^^*)

今回チューリップでは芸術の秋と題しまして、『秋の生き物作り』を紹介したいと思います☆

この活動では【材料の感触から刺激を得る】【集中力の持続】ということを目的に行いました。

まずはミノムシ作りです。折り紙や新聞紙をびりびりにちぎっていき、指定された場所に貼り付けていきます。大きな模造紙に色とりどりのミノムシが出来上がってくると、葉っぱの絵を書き足すアレンジやミノムシを追加するなど、自分たちで考えながら完成させています♬

 

 

 

 

次にフクロウ作りです。フクロウの形をした用紙にペンで目を書き足していき、最後に落ち葉で手や羽に見立てたものを貼って完成です。落ち葉に興味津々で早速触ったり握ったりと感触を楽しんでいました!サクサクという音や、つるっとした触り心地がよいのかニコニコとしながら何回も触って楽しむ様子がありましたよ♪

 

 

 

 

 

 

バギーに乗っている児童も同様に折り紙を破る感覚や落ち葉の触り心地を感じながら参加しています。

フクロウ作りでは、職員と一緒にペンを持ちながら自分で力加減を考えてペンを動かしています。

オリジナルの目を書き足して、素敵な作品を完成させていましたよ☆

 

 

 

 

少しずつ作品が出来上がっていくと、どんどん集中力が増していき、「次は何をするのかな?」といった表情で職員の話を聞き作り進めました。また、一つの作品をみんなで完成させるために他児が行っている間は待っていたり、物を使う際は順番を守ったりと協力しながら頑張っていましたね(*^^*)

 

※児童の中にはマスクの着用が難しいお子さんもいます。パーテーションの使用やこまめな手指消毒、喚起を行ったうえで活動に取り組んでいます。

 

#セカンドハウス彩祐結

#放課後等デイサービス

#療育

#芸術の秋

 

COPYRIGHT (C) 株式会社セカンドハウス彩祐結 ALL RIGHTS RESERVED.