ダイアリー

diary

嶋南の家 スズラン

スズラン 2024年2月  Vol.1

2024/02/16

今回紹介する活動は【ぷっくりペイント】です。

『イメージしたものを色や形で表現する』『細かな作業を通し、集中力を持続させる』を目的としました。また、フワフワ・モコモコな特徴のある絵の具を使うことで、普段とは違う感触の体験や新しい発見にも繋がりますね☆

 

最初は白紙に好きなように絵や文字を描いていきます。何を作るか完成をイメージさせながら進めていましたね。どのように絵を描くか迷っていた児童は『節分』をイメージした塗り絵を使い、色の配置を考えながらそれぞれスタートしています!

 

 

 

 

下絵が完成したところで、次は絵の具を作ります。材料は絵の具、シェービングフォーム、洗濯のりの3つです!自分好みの色を出すために少しずつ絵の具を入れていき、かき混ぜるとフワフワに変化する様子を観察しながら進めていました。ホイップクリームのようなふわっとしたものを作る児童もいれば、少しずつ洗濯のりの量を増やしてトロトロにする児童もいたりと自分でアレンジを楽しみながら進めていましたね!(^^)!

絵の具が完成すると、さっそく色を塗っていきます!割りばしやスプーンを使って枠からはみ出さないように慎重に絵の具を載せて優しく伸ばしていきました。他児が作った絵の具の色を使いたい時には、「少し借りてもいい?」「私のも使っていいよ!」とお互いに声を掛け合いながら貸し借りをしていましたね。制作中は細かな作業が続きましたが、集中力を持続させて丁寧に仕上げていましたよ♪

 

 

 

 

作品が出来上がると、完成した達成感や出来栄えに満足気な児童たち!カラフルな作品や好きな色をたくさん使った作品など、それぞれ個性の光る作品が出来上がりました☆

「早く持ち帰りたいな~!」と絵の具が乾いて作品を持ち帰るのが待ち遠しい児童たちでした♪

 

 

#セカンドハウス彩祐結

#放課後等デイサービス

#療育

#ぷっくりペイント

COPYRIGHT (C) 株式会社セカンドハウス彩祐結 ALL RIGHTS RESERVED.